オンライン研修会情報

子ども虐待防止のためのCBT(認知行動療法)


第6回シリーズオンラインセミナー幼児期から思春期までの認知行動療法 『子ども虐待防止のためのCBT』 講師:大河内美和先生(headspace:オーストラリアの青少年向けメンタルヘルスサービス)  認知行動療法は、子どもの心理的支援に関わる専門職としては、知っておくべき知識・技法となり、子ども虐待防止の技法としても注目されています。  大河内美和先生は、クイーンズランド州政府保健局で勤務された経験がおありで、世界25ヵ国で導入されWHOでも効果が認定されているTriple P(前向き子育てプログラム)の認定トレーナーとしてご活躍をされていました。 ・ オーストラリアにおける子どものメンタルヘルスや虐待防止に関わる事情 ・子ども虐待防止に効果のあるCBTプログラム ・オーストラリアで、エビデンスのあるCBTプログラムをどう実施しているか(システム) ・個別のセラピーで子ども虐待に関する問題をどう展開するか ・通常のCBTで対応できる子ども虐待の防止の仕方 などの内容を、このオンラインセミナーでは含んでおります。 資料はこちらのサイトで、後日1000円(チケット代と別料金)で販売しております。 必要な方だけ、ご購入ください。 https://pcmhimeji.thebase.in/


チケットはこちらから

https://cbt6.peatix.com/view




閲覧数:231回0件のコメント

最新記事

すべて表示

叱らず減らす、子どもの困った行動―親子相互交流療法(PCIT)に学ぶ、子育てのコツと発達支援の実践― 講師:上河邉 力 先生(公認心理師・臨床心理士、カウンセリング&コンサルティングオフィスふぉるつぁ 代表カウンセラー) 今回のセミナーでは、あの話題の図書、『代替行動の臨床実践ガイド:「ついやってしまう」「やめられない」の〈やり方〉を変えるカウンセリング』の第12章の著者である上河邉先生がご登壇さ

ミニマリズムは、happinessに通じていくんだ…。 ポジティブ心理学や、幸福学に興味がある方にオススメ。 https://www.netflix.com/jp/title/81074662?s=i&trkid=13747225&vlang=ja&clip=81396374