top of page

計算論的臨床心理学



【講師】

国里愛彦先生(専修大学 人間科学部 教授)


【内容】

皆さんは、「計算論的臨床心理学」をご存じですか?

計算論的臨床心理学は、心理的なプロセスを数理的に表す計算論的精神医学をベースに発展したものです。

計算論的臨床心理学では、ある心理療法がどのようにクライエントの変化に影響を及ぼすのかといったことを数理的なモデルを使って表します。

・・・とはいえ、「数理的なモデル」と言われると、難しいなと感じてしまいます。

このセミナーでは、計算論的なアプローチに期待が寄せられるようになった背景や方法について概説し、また、このアプローチが私たちの臨床にどのような広がりを持たせるのかについても取り扱います。

ぜひご参加ください。


・ベースとなる計算論的精神医学・・・心理的なプロセスを数理的に表す

・心理療法のプロセスや患者さんの動的な変化を追うには?

・構成概念をモデル化

・数理モデルをつかうことから生まれる広がり

・書籍・研修会やワークショップの紹介(計算論的精神医学のコース)

など、以上の内容を含む予定です。



【イベント概要】

日時:2024/02/24 (土) 10:00 - 12:00(見逃し配信あり)

方法:オンライン開催

参加費:4980円


【資料について】

当日の講演資料は、別売りです。希望者のみ1000円で購入することができます。

準備ができ次第、こちらのサイトに掲載いたします。


見逃し配信は一週間後に配信を開始いたします。2024年3月末まで視聴可能です。


【参考】

国里愛彦先生のご著書

『計算論的精神医学』

国里 愛彦 著

片平 健太郎 著

沖村 宰 著

山下 祐一 著

勁草書房 3,850円(税込)




閲覧数:26回0件のコメント

Comments


bottom of page