読み書きが苦手な子どもにスクールカウンセラーとして、出会いませんか?

 スクールカウンセラーとして、学校に赴任する前は「不登校の相談が多いのかなぁ」「非行の相談があるのかぁ」と考えていたりすることも多かったのではないでしょうか?

 でも、いざ赴任みると結構、LDやADHD、自閉スペクトラム症の相談が多い。また、不登校や非行の相談かなぁと思って聞いていると、二次的にその状況になっているだけで、それまでの環境の合理的配慮が足りなかったということに、面接で気づいたりして…。私や仲間からもよく聞く話です。

 とはいっても、特別支援教育のことや、合理的配慮、ましてやICT教育における個別最適化学習など、大学院のカリキュラムでは触れる程度だったりして…。

 スクールカウンセラーって、ひとり職場でお困りの方も多いのではないかと思い、この研修を企画してみました。

 研究者、実践者にそれぞれの立場から登壇してもらいます。よかったら、ぜひ、一緒に学びませんか?

 どなたでも参加できますが、臨床心理士の資格をお持ちの方はポイント申請予定です。

 詳しい情報はこちらです。


閲覧数:98回0件のコメント