過去問解説(第一回午前問3)

14歳の女子 A、中学生。摂食障害があり、精神科に通院中である。 最近、急激にやせが進み、中学校を休みがちになった。Aの母親と担任教師から相談を受けた公認心理師であるスクールカウンセラーが、Aの学校生活や心身の健康を支援するにあたり、指示を受けるべき者として、最も適切なものをつ選べ。

① 栄養士

② 学校長

③ 主治医

④ 養護教諭

⑤ 教育委員会


答え・・・③

解説・・・公認心理師法第四十二条がらみの設問となります。「公認心理師は、その業務を行うに当たっては、その担当する者に対し、保健医療、福祉、教育等が密接な連携の下で総合的かつ適切に提供されるよう、これらを提供する者その他の関係者等との連携を保たなければならない。2 公認心理師は、その業務を行うに当たって心理に関する支援を要する者に当該支援に係る主治の医師があるときは、その指示を受けなければならない。」

とあるため、答えは③になります。

しかしながら、現場感覚としては、まず学校長に指示を受けたのちに、外部機関との連携の承諾を得る方が、ケースマネジメントとしてはスムーズではないかと考えます。



閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

問1 サイコロジカル・ファーストエイドを活用できる場面として、最も適切なものをつ選べ。 ①インテーク面接 ②予定手術前の面接 ③心理検査の実施場面 ④事故現場での被害者の救援 ⑤スクールカウンセリングの定期面接 答え・・・④ 解説・・・サイコロジカル・ファーストエイドとは、危機的状況に遭遇した人に対して行う支援方法である。サイコロジカル・ファーストエイドは、専門職にしかできないものではありません。